体脂肪率のBMI値の出し方

ダイエットを効率よく行うコツは自分の身体を数値化して知る
ことが大切です。

その方法には、身長と体重から肥満度を測定するBMI値と体脂
肪率というものがあります。BMI値とは、ボディ、マス、イン
デックスという意味です。この体脂肪率の数値によって、自分
の身体の現状を把握する事ができます。

指数の出し方は簡単で体重÷身長の計算式で数値が出てきます。
自分の身長はだいたい分かると思いますので、後は体重計で実
際に体重を計って、自分のBMI値を算出してみましょう。

BMI判定表によると、導き出された数値が17.6以下だと痩せすぎ
となります。17.6〜20だと痩せ気味、20から24だと正常となり
ます。24〜26.5だと肥満気味。26.5以上だと肥満となります。

筋肉量や体脂肪率などにより多少個人差はありますが、自分の
体型が平均と比べて、どうなのかを知る上では一つの目安となる
でしょう。

ところであなたは脂肪がどの部分に多く付いているかご存知で
しょうか?肥満には大きく分けて上半身肥満と下半身肥満があ
ります。

その中で下半身型肥満は一般的に女性に多いと言われています。

洋ナシ型や皮下脂肪型とよばれています。そして上半身型は男性
と女性の両方に多く、リンゴ型、隠れ肥満型、内臓脂肪型といわ
れています。いわゆるメタボリックというもので、生活習慣病の
予備軍として注意が必要です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。