マッサージで血行促進ダイエット

マッサージによる血行を促進することで水分代謝や余分な老廃物を除去を
して改善することで足痩せダイエットを効率よく進めることができます。

また、マッサージにより足の疲労回復やむくみにも効果があります。
マッサージのやり方は、両方の手のひらの下部をマッサージする足に当て
て、力を入れて下から上に血液を心臓に戻すような感じでこすります。
数回行ったら今度は下から上へと力を入れ、つかむようにマッサージします。

これを何度か繰り返して下さい。次はイスなどに座ります。リラックスして
足はそろえてください。親指と人差し指で、ヒザのお皿を両側から掴むよう
にしてマッサージします。ヒザのお皿を持ち上げるようにしたら、ヒザの
お皿の両側を30回ほど押すようにマッサージします。

次に両方の手のひらの付け根で、力を入れて弾ませるように下からから上
へ大体30回くらい足をたたきます。これで足痩せの運動後の疲れが取れる
だけではなく先ほども言いましたが、ダイエットを効率よく進めることが
できますのでぜひ、お試し下さい。

また、ストレッチ体操も血行をよくする効果があります。ストレッチは運動
によるケガの防止の効果もあります。また筋肉の柔軟性の向上や血行促進に
よる筋肉の緊張をほぐして運動で溜まった疲労物質を取り除いてくれるため
足痩せ運動による足の疲労の回復を早める効果もあります。
足痩せダイエットのための運動の時に先ほどのマッサージと合わせて行うと
良いでしょう。

足を細くする運動方法

足を細くしたいと思ったなら、日常にちょっとした運動を取り入れ
ることで効率よく行う事ができます。

つまり毎日の生活にちょっとした運動を取り入れて、そしてその
運動を習慣にできれば、足を細くすることができます。

短い間に足の余分なぜい肉を取りたい人は日頃の生活習慣の中に
足を引き締る運動をを取り入れ、綺麗な脚のラインを作りましょう。

しかし、注意しなくてはいけないのは脚は痛めやすい部位でもあり
ますので、足を細くする運動をする時は注意しましょうね。

運動前に軽いウォーミングアップとしてストレッチなどの運動で
目的の筋肉をほぐしてから行うと、ケガするリスクも減り、脚の
シェイプアップも効率よく行えます。

今回ご紹介する運動方法は、大体90センチ程度に離れた壁に相対す
るようにまっすぐ立って行うので、まっすぐな壁とそして1メートル
強の運動するための空間が必要です。

この時かかとは床にしっかりつけましょう。そして両肘を伸ばして、
両手の手の平を壁にぴったりとくっつけます。

それから片足を大きく後ろに上げて太腿の筋肉に力が入るようにし
ます。この時に、勢いよくバッと足を振り上げるのではなく、細く
したい太腿の筋肉を使うように十分意識しながら後方に振り上げます。
往復15回を1セットとして、慣れないうちは左右の脚を1日に
2セットずつ行います。慣れてきたら3セットと増やすとより
効果的です。しかし、あまり増やしすぎてもいけませんので1日
3セットとして、その代わり毎日続けることが大切です。

こうしたちょっとした日常の生活の中に自然な形で運動を取り入れる
習慣を組み込むことで、特に無理をすることなく脚を引きしめる事が
できると思います。

足を痩せにも必要な栄養素

足を痩せをさせ細くしたいと思い、そのために無理なダイエットを続け
ると、体調のさまざまな変化が起こる場合があります。

例えば極端に疲れやすくなったとか、イライラして怒りっぽくなったなど
の症状や、めまいがするなんていう症状が出る場合もあります。これらの
症状は、実は極端な食事制限など無理なダイエットにより必要な栄養の
失調が原因で起こります。

カロリーを控えるために食事制限を伴うダイエット法は、どうしても体に
必要な栄養が不足してしまいます。

足を痩せたい人の多くはたぶん女性だと思いますが、ダイエットをする上
で不足しやすい栄養素は、カルシウム、鉄分、たんぱく質、食物繊維の4つ
といわれています。これらの栄養は必要ですのでたとえダイエットをして
いてもしっかり摂らないと、上記のようないろいろな悪い症状が出てきて
しまいます。

栄養素のたんぱく質とはダイエットをしているとどうしても、肉類などは
食べなくなるものです。しかし私たちは主に肉類などからたんぱく質を
補給しますので、肉類を食べないのも問題です。

たんぱく質が不足すると疲れやすくなり、やる気が出なくなってきます。
肉類もその種類や食べ方によりそれほど脂肪を気にせずに食べる事がで
きます。例えば鳥のササミなどは脂肪が少ないのでお勧めです。

ダイエットをしている方の中には便秘に悩んでいる人も多いはずです。
便秘になる原因として食事制限による食物繊維の不足が考えられます。
食物繊維というのは不足してしまうと腸の働きが鈍くなってくるのが
原因です。食物繊維を多く含む食材で補うようにしましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。